【塾なし高校受験】塾に行かない選択肢 家庭学習で学力向上は可能?

【塾なし高校受験】塾に行かない選択肢 家庭学習で学力向上は可能?

2020年11月7日

子どもたちは二人とも、現在塾に行っておりません。

周りにだんだんと塾に行く子が増えてきて、焦りもありましたが…。

結局「行かない」という選択をするに至りました。

今日は、そのことについて書きたいと思います。

 

塾に行く子が増えてきた中で

今住んでいる家の近くには、個別・集団含めて、結構な数の塾が存在しています。

公文・学研・英会話教室まで含めると、かなりあります。

 

だからなのか、学年が上がるにつれて、上記いずれかに通う子が、結構な割合を占めるようになってきました。

 

「小学生のうちは、遊ぶのが一番大事!」

だと考えていたんですが。

そのうち「このままどこの塾にも行かないで、本当に大丈夫かな…」と心配になってきました。

 

みんな、すごく頑張ってるよね…
このままだと、勉強についていけなくなったりしないかな?
ぷにまま

 

そこで、塾(公文・学研を含む)に行くことについてのメリット・デメリットを考えてみることにしました。

 

英語については、別の記事塾なし通信教育なし 英語の授業についていく勉強法で詳しく書きましたので、良かったら読んでみてください。

【小学生の英語】塾なしで学校の授業についていく勉強法
参考【小学生の英語】塾なしで学校の授業についていく勉強法

続きを見る

 

塾に行くことの、メリット・デメリットを考える

塾に行くメリット

  1. 塾に行くことで、宿題以外の勉強をする習慣がつく
  2. 予習・復習の習慣がつく
  3. 先取りをする塾の場合、学校の授業で発言する機会が多くなるかも
  4. テストで良い点が取れる(かも?)

1・2・4については、家でも対応可能だと思いました。

 

ただし…これはまだ二人が、私の言うことを素直に聞いてくれるからであって。

もし親子でバトルするような事態になるなら、外注するのもアリかな、と思います。

 

小学校の間は、予習は特に必要ないと思いましたし。

3の発言については、今でも積極的に発表しているようなので、問題ないと判断しました。

 

塾に行くデメリット

  1. 塾に行くまでの時間がもったいない
  2. 集団塾の場合、もう分かっているところでも
    授業を聞かなくてはならないので、時間のムダ
  3. 学習に対して、受け身になる
  4. お金がかかる

これらはすべて、我が家で「塾に行かない」理由になります。

 

塾の行き帰りの時間、既に分かっている授業を聞く時間。

その時間があれば、他のことができる。他の勉強ができる。

で、あるならば。

わざわざお金をかけてまで、塾に行く必要ないんじゃないかなと。

そう思いました。

 

本人が通うことを望んでいるのなら、ともかく。

そうでないならば、普段は例え遊んでいたとしても、授業中や家庭学習すべき時間の時には、しっかりと集中する

その方が、効果があると思っています。

 

塾以外に、公文も検討したこともあります。

計算が早くなるのはいいな…と思ったんですけど、プリントをただやるだけならば、家でもできると思いました。

公文も、先に進むことが学習するモチベーションになるのなら、続けるのも意味があるのかなと、最近では思います。

とはいえ、我が家が今から公文をするのは、メリットが少ないので(;^_^A 
通うことはないでしょうけれど。

 

我が家の家庭学習法

塾に行かないのならば。
学習したことを長期記憶に変えていくために、家庭でフォローしていくしかない。

だから日々の宿題やテスト・ノートに目を通して、どこか躓いている部分はないかチェックしています。

そして、長期休みの時に復習をしています。

 

復習をするのに使用しているのは、学校から配られる漢字ドリル・計算ドリルの他、市販のドリル・復習ワーク・算数の教科書などです。

毎日どれをするか、計画表を作ってチェックするようにしました。

作って良かった『宿題計画表』
参考作って良かった『宿題計画表』

続きを見る

冬休みから総復習の計画を立てる理由
参考【新年度に向けて】冬休みから総復習の計画を立てる理由

続きを見る

 

ただし、この前学期の復習ですが、以前の記事でも書いた通り
「復習している」ということに満足していて、「できない部分は、できるまでやる」のを徹底していなかったので。

今後、改善していくべき部分だな、と思っています。

【学力テスト】結果と対策
参考【学力テスト】結果と対策

続きを見る

 

特に算数については、小学校の間は特に注意するべきだと思っていますので。

どの単元も落とさないよう、特に気をつけています。

【算数が苦手を克服!】得意教科にする5つの方法
参考【算数が苦手】を克服!得意教科にする5つの方法

続きを見る

算数を頑張るだけで、勉強が得意な子になる
参考【小学生の勉強】算数を頑張るだけで、勉強が得意な子になる

続きを見る

 

まとめ:今後の家庭学習方法について

塾なし家庭学習のみでの学力向上は、可能だと私は考えています。

小学生のうちは、そして中学校に入学してからも、塾には行かないでしょう。

 

とはいえ、今までのような”長期休暇中に前学期の復習をする”というやり方では、中学校では通用しないでしょう。

毎日の、計画的な予習・復習と定期テスト対策が必要になってくると思ってます。

 

なので、それに関しては、どのように対策していくべきか、今、色々と試行錯誤している最中です。

※2021/9/25追記※

長女の中学入学にあたって、中学3年間の年間計画表をつくりました。
良かったら、こちらもよんでみてください。

【塾なしで高校受験】中学3年間の計画表を作りました
参考【塾なしで高校受験】中学3年間の計画表を作りました

続きを見る

 

中学校に入学して、そして実行してみて。
それから、このブログで紹介していけたらな…と考えてます。

※2021/9/23追記※

中学校入学前の春休みの総復習についてと、入学後すぐの新入生テストの結果について、記事にしました。
良かったら、こちらも読んでみてください。

【中学入学前】春休みの学習計画表と新入生テストの結果
参考【中学入学前】春休みの学習計画表と新入生テストの結果

続きを見る

 

いずれにせよ、時間のムダを省くためには、家庭学習が一番だと思っているので。
その考えを元に、できる限りフォローしていきたいと思っています。

 

\ この記事がいいなと思ったらフォローおねがいします /

BlogMapで更新情報を受け取る

ブログランキングに参加しています