どれを選ぶ? 子どもの習い事

どれを選ぶ?【子どもの習い事】

2020年11月10日

子どもが生まれると、やっぱり気になる【習い事】

子どもの将来のために、何を選んだらいいのか…これから何を選ぶべきなのか。

 

今日は、我が家が検討した習い事と、今現在やってる習い事。

やってみてどうだったのか…などについて、書いてみたいと思います。

 

運動系

まずは、運動系。

子どもの健康のため、体力づくりのため、学校の体育の授業で困らないため…色々と、理由はあると思います。

中でも、代表的なものを挙げてみました。

 

スイミング

スイミング

運動系習い事の中では、一番ポピュラーではないでしょうか。

子どもたちが通う学校でも、習ってる子はすごく多いです。
幼児期からバリバリ通ってる子・水泳の授業で泳げなくて通い始めた子など。

様々にいますが、泳げないと生死に関わる場合もあるので。
ある程度は泳げるまで習っても、損はない習い事だと思います。

 

ココがおすすめ

親が教えることもできると思います。
でもちゃんとインストラクターから習った方が、フォームがキレイで疲れない泳ぎ方ができるようです。

水泳は全身運動なので、毎週ちゃんと通っていると筋力がつきますし、肺活量が鍛えられて風邪をひきにくくなったりするそうです。

ただ体育の授業で困らない程度に泳ぎを覚えてくれれば…といったケースであれば、季節ごとの短期教室に通うだけでも効果はあると思います。

我が家も夏休みごとの短期教室しか通ってませんが、それでもちゃんとしたフォームで泳ぎを覚えてくれました

 

スポーツ

ソフトボール

ソフト・サッカー・テニス・卓球・バスケ・バレーボール・空手・剣道…など色々。
所属形態も、スポ小・民営クラブチーム・自治体主催など様々。

女子でも、空手をしている子も多いみたいですが、我が家の二人はやりたがらなかったため、検討しませんでした。
主人は護身のために合気道を習わせたかったようですが、そもそも教室が近くになく…断念しました。

子どもが男の子であれば、何らかのスポーツをしておいた方がいいように思います。

男子は体力があり余ってますので、スポーツで発散させた方が良さそうですし。

 

ダンス(リトミック含む)

猫ダンス

音感・リズム感が養えるので、おススメ。
振り付けを覚えるので、記憶力集中力も鍛えられますし。

小学校の運動会でダンスをすることがあったり、中学校・高校でダンスの授業があったりするみたいなので。
多少でも経験があれば、そういう時に困らなさそうです。

ただ、子どもによってはハードルが高いみたいですね。。

特に女子は、人前で踊ることに抵抗感を感じる子が多いようです。

小さい頃から習った方が、抵抗感が少ないかもしれませんが…
向いてない子に、無理やりさせるほどの習い事ではないかな、と思います。

 

体操

スイミングスクールに併設されてることも多いのかな?

習っている子は、柔軟性がありますし、体育が得意なイメージです。
余裕があるなら、習っておいても良さそうです。

 

バレエ

バレエ

芸術系に入れるかどうか悩みましたが、身体を動かす系ということでこちらへ。

綺麗でしなやかな筋肉がつくので、スタイルや姿勢が良くなるため。
特に女の子におススメな習い事だと思います。

 

芸術系

本人が好き(好きそう)だったり、学校の副教科対策だったり。

理由は様々ですが、一番習っている子が多そうなイメージです。

 

音楽

ピアノ

 

一番ポピュラーなのが、ピアノ。
習っている子がすごく多い印象です。

学校の発表会などで伴奏を引き受けられるレベルになると、勉強も良くできるイメージの子が多いです。
両手を使って弾くというのは、脳の活性化に良いらしく、頭が良くなるそうですね

子どもたちは、習ってはいないのですが、楽器の演奏は好きみたいで。
ミニキーボードをお誕生日に買ったら、楽譜を見ながら練習するようになりました。

プロになるために音大を目指す…訳でもないので、我が家はこのくらいで満足してます。

買ったのはこちらです

こちらの楽天ショップで購入しました。

カシオ 電子キーボード SA-76 [SA76]

 

ココがおすすめ

我が家が買ったのには、ケースもヘッドフォンもついてませんでした。
ケースはあった方が、ホコリがつかなくていいと思います。

鍵盤数がもっとあった方がいいと思いましたが、増えるとお値段も比例するので…(;^_^A
でも、44あったら大抵の曲は弾けました。

音も、これは評判良かったですし、実際満足してます。

ココがポイント

色んな楽器の音色に変えられるので、ちょこは主人がやってるゲーム音を耳コピで弾いたりしています。
ちゃんと同じ音で出せるのがスゴイ!と思います。

 

他には、管楽器とか。

”体育会系文化クラブ”だと言われてるだけあって、ものすごく練習がハードらしいですね。
それだけに、達成感がすごくて演奏会では感動すると、習っている子の親から聞きました。

とはいえ…スポ小もそうですが、サポートする親の人間関係の方が大変そうです。

我が家では、できれば入りたくないかな…と。。
(消極的な理由で子どもには申し訳ないですが)

 

後は、少数ですが、バイオリンなど。

楽器が弾けると、楽譜を読むことができるので授業で楽そうだな…というイメージがあります。

 

習字

習字

 

我が家も習っています。

ちょこが習いたがったので、近隣に良い教室がないか探していたところ、仲の良いお友達が通っている教室が良さそうだったので、そこに決めました。

むしろ、後から始めたぬーぴーの方がハマっています。

根気と集中力が養える習い事だと思っています。

長期休みの習字の宿題も見てくれるので、親としては大助かりです。

※2020/11/21追記※

習字で使う筆と半紙については、以前の記事【習字用の筆と紙】使って良かったおすすめ商品で紹介しましたので、良かったら読んでみてください。

【習字用の筆と紙】使って良かったおすすめ商品
参考【習字用の筆と半紙】使って良かったおすすめ商品

続きを見る

 

絵画・造形

絵画

 

本人が本当に好きなんだろうなぁ…という印象。

ただ、我が家の二人も絵を描くのは好きですが、絵画というのはテクニックではなく、まずは何を伝えたいかが重要で。
技術は後からついてくる…と私は思っているので。

習わせよう、とは思いませんでした。

 

学習系

こちらは、親主導で子どもの将来のために習わせる印象かな?

何か一つは通っている子が多いように思います。

 

塾(公文・学研含む)・通信教育

塾

 

中学受験のためや高校受験に向けての先取り、学校の補習など。

色々な目的がありますが、我が家の二人は今のところ通ってません。

その理由については以前の記事【塾なし高校受験】塾に行かない選択肢 家庭学習で学力向上は可能?に書きましたので、良かったら読んでみてください。

【塾なし高校受験】塾に行かない選択肢 家庭学習で学力向上は可能?
参考【塾なし高校受験】塾に行かない選択肢 家庭学習で学力向上は可能?

続きを見る

 

※2020/12/17追記※

算数に特化した通信教育【RISU算数】の体験記事算数に特化した通信教育【RISU算数】体験レポートを書きました。

算数に特化した通信教育【RISU算数】体験レポート
参考算数に特化した通信教育【RISU算数】体験レポート

続きを見る

 

そろばん

そろばん

 

暗算が得意になってほしくて、我が家でも検討したことがあります。

しかし、近所のどこに教室があるのかがわからなかったため。
通うのは断念しました。

最近、読んだ本か漫画に影響されたのか、長女ちょこがソロバンをパチパチやってます。
どうも、すごい速度でソロバンをパチパチやってるのが、カッコ良かったらしい。

って、今もやってますね。
「このパチパチ感が好き~」とか言ってます。

 

英語

英語を勉強しよう

 

今は小学校から、英語が正式教科となってますし、どんどん英語教育熱が高まっているようです。

我が家も、英語はマスターしておかないと…とは思うのですが。

英会話は、大人になって本人がその気になってからでも間に合うと思うので。

今のところは通う予定はないですし、受験英語を学ぶにしても、まずは家庭学習でと考えています。

 

それだけで大丈夫かどうかは、もう少ししないと結論は出なさそうですが。

 

※2020/11/18追記※

英語の学習方法について記事にしました。

【小学生の英語】塾なしで学校の授業についていく勉強法
参考【小学生の英語】塾なしで学校の授業についていく勉強法

続きを見る

 

プログラミング

プログラミング

 

プログラミングに関しては、今のところは言語そのものではなく。
プログラミング的思考を学び、問題解決能力を養う、というものなので。

特に習い事として通う予定はないです。

 

※2020/11/18追記※

ちょこが「プログラミングを学ぶために、自分でゲーム作りたい!」と言い出しました。

もし本当にやらせるなら、自分用のタブレットがいるかな…と検討中。
でも高額商品なので…まだ悩み中です。

 

まとめ:親の側に見極める目が必要

こうしてみると…今は本当に色々な習い事がありますね。

どの教室を選ぶか、まで加えると…選択肢が多すぎます。

 

時間も資金も有限な中で、我が子に合う習い事は何なのか。

親の側に、知識と大事なものを見極める目が必要な時代なんだな…と、そんな風に思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

\ この記事がいいなと思ったらフォローおねがいします /

BlogMapで更新情報を受け取る

ブログランキングに参加しています