【体験談】幼児期こそ選びたい通信教育|こどもちゃれんじ or ポピー 選ぶならどっち?

2023年2月5日

【体験談】幼児期こそ選びたい通信教育 |こどもちゃれんじ or ポピー えらぶならどっち?
  • 地頭のいい子に育てたい
  • 成績優秀な子に育てたい
  • 手先の器用さもあってほしい
お母さん
お母さん

それは親だったら、一度は思うわ!

ウチも考えたよ~!

ぷにまま
ぷにまま

頭の良し悪しだけが、すべてではないけれど

それでも悪いより良いほうがいい

同じことを考える人は多いから
幼児向けの通信教育や習い事・教室が、世の中にはたくさんあります。

ウチは幼児向けの通信教育を選びました。

ぷにまま
ぷにまま
  • 幼児向けの通信教育って、効果あるの?
  • 教材の内容って、どんな感じ?
  • 子どもの反応は?
  • 受講して良かったって思ってる?

これらについて、今回は紹介します。

ぷにまま
ぷにまま

0歳から通信教育 効果ある?

0歳からの通信教育 効果ある?

長女ちょこが0歳だった時に、こどもちゃれんじbabyを始めました。

その後も、小学校に入学するまで続けていました。

その経験から

0歳からの通信教育は効果があった

わたしはそう思っています。

通信教育を続けて効果があったこと

続けると、こんなメリットがあったよ!

ぷにまま
ぷにまま
  • 音感・リズム感がいい
  • 手先が器用
  • 机にむかうことに抵抗感が少ない
  • 規則正しい生活習慣

ただ遊んでいただけで、自然と身につきました。

音感・リズム感がいい

長女ちょこ
長女ちょこ

リトミック楽しかったよ!

こどもちゃれんじに毎回ついてくるDVDに入っていました。

ぬーぴー
次女ぬーぴー

はみがきの歌もあった!

トイレトレーニングのとき助かったわ~。

ぷにまま
ぷにまま

しまじろうが「いっしょにパンツマンになろう!」と誘ってくれて
トイレトレーニングには、苦労しませんでした。

エデュトイ(おもちゃ)も、音が出るものも多く。

音楽が身近に感じるしかけが、たくさんありました。

ちょこもぬーぴーも、音楽系の習い事は何もしていませんが
聴いただけで歌ったり演奏したり、音楽そのものが大好きな子に育ちました。

もちろん、音楽の成績も良くて助かっています。

手先が器用

赤ちゃんの頃から、手先の感覚を大事にしたエデュトイが送られてきます。

最初は、手ざわりを楽しむものから。

にぎったり、ひっぱったり、なでたり、なめたりできるようになっています。

そこから、同じかたちを見つけたり、落としたり
月齢にあわせて、できることが増えるようになっていました。

ちぎったり、貼ったり、はさみや包丁で切ったりもあって。
自然と工作を楽しむようになっていきました。

それらは中学生になった今の、美術の成績の良さにつながっています。

机に向かうことに抵抗感が少ない

『こどもちゃれんじ』が届くと、机に向かって中身で遊ぶ

そんな習慣のおかげで、自然と机に向かうことができるようになっていました。

今でも、長時間机に向かうことが苦ではないようです。

高校受験に向けた勉強が始まる今、これはとても助かっています。

規則正しい生活習慣

毎月決まった時期に教材(おもちゃ)が届く

それは子どもにとって、うれしいプレゼントだったようで
届くとすぐに開けていました。

決まった習慣があるということ

そしてDVDで教えてくれる、あいさつやはみがきなどの生活習慣

大事なことをたくさん教えてもらえました。

長女ちょこ
長女ちょこ

楽しいから続けられたよ。

これらは、こどもちゃれんじの効果が大きかったと思ってますが

でも『こどもちゃれんじ』じゃないとダメ、とまでは思ってません

長女ちょこが中学生になった今だからこそ、わかる・見えることもあります。

今だったら、たぶんちがうの選んでたよ。

ぷにまま
ぷにまま
長女ちょこ
長女ちょこ

他にもあったの?

こどもちゃれんじを選んだ理由

『こどもちゃれんじ』という教材を知ったのは、産院に置いてあった雑誌の広告からでした。

『たまごクラブ』『ひよこクラブ』というベネッセが出している雑誌です。

「月齢にあわせたおもちゃが毎月送られてくる」

このキャッチコピーに、当時のわたしは惹かれて。

知的好奇心をくすぐるおもちゃって、子どものためになりそう!

ぷにまま
ぷにまま

「合わなければやめればいいかな」
と、軽く考えて決めました。

ところが

一度続けると、なかなかやめられない

その時は、そうなるとは思ってもいませんでした。

通信教材は続けることで効果があるから、最初の選択が大事。

ぷにまま
ぷにまま

今ではそう思っています。

教材選びは大変

幼児期だからこそ選びたい通信教育|教材選びは大変

軽い気持ちで始めた『こどもちゃれんじ』ですが、子どもはとても満足していました。

でも受講する前に、小学校入学前にやめることは決めていました。

  • 教科書準拠の内容であれば、自分で教えられる
  • 子どもの苦手を把握して、早めに対処したい

『チャレンジ』だと、親が子供の苦手を把握するのは難しいと思ったからです。

小学校の内容なら、わたしでも教えられそうだし。

ぷにまま
ぷにまま

子どもの得意・不得意にあわせたオーダーメイドの教材選びができるのは、親だからこそ。

って実際は、けっこう大変だった!

ぷにまま
ぷにまま

わたしは学習教材を見るのが、趣味といえるくらい好きです。

それでも子どもにあうものを探すのは、時間かかりました。

ぷにまま
ぷにまま

だから、専門家が厳選した内容の教材が送られてくる通信教育は、やっぱり魅力的です。

最初の情報収集が大事

幼児期だからこそ選びたい通信教育|最初の情報収集が大事

今だったら、最初の通信教育にはポピーを選ぶかな!

ぷにまま
ぷにまま
長女ちょこ
長女ちょこ

こどもちゃれんじ良かったけど、どーして?

それはね

ぷにまま
ぷにまま

幼児期に選んだ通信教育を、小学生になっても続けるケースが多いから。

せっかく続ける習慣ができてるんだから、もったいなかったかなって今は思ってる。

ぷにまま
ぷにまま

中学校から配られるワークって、新学社さんのものが多いです。

高校受験用として配られた『新研究』という教材も、新学社さんが作っています。

その新学社さんが出しているのが、ポピーという教材でした。

新学社さんの教材って、すごく良いものが多いのよね。

ぷにまま
ぷにまま

でも新学社さんの教材は、市販されていません。

小学生になっても通信教育を続けるなら
中学校以降も続けることが考えられるから。

それに学校でもタブレットを使った学習が多くなりましたが
テストは今でも紙です。

「紙に書く」作業に慣れて早く書けないと
中学校以降の問題数の多いテストで困ってしまう。

だから通信教育でも、紙ベースの教材を選びたい。

チャレンジは、どちらかといえばタブレットが主流なので。

幼児期から通信教育を始めるなら、しっかり情報を集めて
小学校入学後、どうしたいかまで考えて選んだほうがいいです。

お試し教材を使ったり、資料請求できるの知らなかったのよね。

ぷにまま
ぷにまま

こどもちゃれんじ(チャレンジ)とポピー

メリット デメリット

受講していた時や体験させてもらって感じた、こどもちゃれんじ(チャレンジ)とポピーそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

こどもちゃれんじ(チャレンジ)

メリット

  • 月齢にあわせた、よく考えられたおもちゃが毎月送られてくる
  • 親しみやすいキャラクターによるDVD
  • 子どもに興味を持たせる工夫がいっぱい
  • 子どもの苦手をAIが判断してくれる(チャレンジ)

デメリット

  • プラスチック製の商品が多いので、しまう場所が必要
  • おもちゃの使い方が限定的
  • 絵本そのものを切り貼りするので、保存しにくい
  • 親が子供の苦手を把握しにくい(チャレンジ)

受講していたので、よく知っているのですが。

エデュトイとよばれているおもちゃは、子どもの発達をうながす工夫が、とてもたくさんつまっています。

ただし、使い方を限定してるものが多かったかな。

ぷにまま
ぷにまま

しまじろうを始めとするオリジナルキャラクターがいっぱいのDVDも、よく考えられていて。

からだ全体をつかったリトミックトイレトレーニング友だちとの関わりなど。

『こどもちゃれんじ』のDVDに、いろんなことを教えてもらいました。

小学生以降のチャレンジでつかうタブレット教材では、子どもの苦手をAIが判断してくれるプログラムが人気ですが。

反面、子どもの苦手を親が把握しにくいというデメリットもあります。

ポピー

メリット

  • ダンス動画でリズム感を養える(こどもちゃれんじと同じ)
  • 『ごっこあそび』で想像力(創造力)を養える(ポピーならでは)
  • はさみを使う教材が多いので、手先の器用さを養える

デメリット

  • キャラクターがやや地味
  • 親がかかわる部分が多い(丸つけなど)

ポピーは50周年ということで、内容が一新され
それまで紙主体だった教材に、デジタルコンテンツが追加されました。

紙面と連動したWEBクイズ(幼児ポピー)
紙面と連動したWEBクイズ(幼児ポピー)

紙主体の良さを生かしつつデジタルも取り入れていて。
こどもちゃれんじに負けない内容となっています。

運動あそび動画(幼児ポピー)
運動あそび動画(幼児ポピー)

スマホやタブレットで使える学習アプリもあって。
文字や数だけでなくプログラミング的思考を学べるようになっています。

ポピーの学習アプリ
ポピーの学習アプリ
ぬーぴー
次女ぬーぴー

プログラミングいいなぁ~!

長女ちょこ
長女ちょこ

ゲームみたいね!

デメリットとして挙げた「丸つけ」ですが
私はこれは、デメリットだとは思っていません。

小学校低学年の宿題では、親が丸つけするように言われています。

それは子どものつまづきを、親が知っていることが重要だから。
知っていれば、早めに対処できるから。

ポピーが大事にしているのも、この「親の関わり」の部分。

わたしが大事にしたいのも、そこなの!

ぷにまま
ぷにまま

「苦手」は早め早めになくしておく方が、後がラクだから。

親が子どもの苦手を知っていれば、すぐに対応できます。

まとめ

幼児期だからこそ選びたい通信教育|まとめ
  • 地頭のいい子に育てたい
  • 成績優秀な子に育てたい
  • 手先の器用さもあってほしい

幼児期からの通信教育は、始めて損はないものでした。

教材はどれもよく考えられているから
どれを選んでも、結果は変わらない。

子どもの向き不向きや、親の自分がどう関わりたいかによって
選ぶ教材は決まります。

しっかり教材の内容を知って、子どもにとって最適な選択をしてあげてください。

そのために、この記事が参考になればうれしいです。

資料請求すると無料でおためし見本がもらえます

「こどもちゃれんじも気になる!」って方は、こちらから資料請求してみてね。

【こどもちゃれんじ】プレゼント受講のご案内

このブログでは、小中学生向けの勉強法や教材、時短レシピなどを紹介しています。
よかったら読んでみてくださいね。

記事を内容別にまとめてます

List -記事一覧-を見る

ぬーぴー
次女ぬーぴー

こっちも読んでみてね!

はてなブログで【まったり暮らしの備忘録】も運営中。
【はぴるっく!×サクラ咲く道】の裏話・ニュースや子どもの学習で感じたこと・日々の暮らしなどを書いてます。

【まったり暮らしの備忘録】を見る

いろんなブログが探せるBlogMap登録してます。

BlogMapを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ぷにまま

ぷにまま

◆2人の女の子を子育て中。
(長女ちょこ・次女ぬーぴー)
◆趣味は読書・本屋巡り・庭いじり。
◆子どもの学力を上げるために、教材を探して計画を立てるのが好き。
◆このブログでは、今までの学習計画の結果や、学力を上げるために効果があったことを伝えています。
◆雑記ブログも更新中。
『まったり暮らしの備忘録』
(気になるニュースや子どもの勉強・日々の気づきやブログ裏話など)