算数に特化した通信教育【RISU算数】体験レポート

小学生の勉強

算数に特化した通信教育【RISU算数】体験レポート

2020年12月17日

小学生の間は、【算数】については特に気をつけておく必要があります。

それは【算数】が積み上げ型の教科であり、後から取り戻すのが大変だから。

だからこそ、算数に特化した【RISU算数】というタブレット学習に興味を持ちました。

 

今日は体験したからこそ分かった【RISU算数】のメリット・デメリットについて、ご紹介します。

 

【RISU算数】とは

【RISU】とは、算数に特化した配信型のタブレット学習のことです。
年齢に応じて

  • RISUきっず(年中後半~年長対象)
  • RISU算数(小学生対象)

の、2種類が配信されています。

今回は、そのうちの【RISU算数】についての体験レポートになります。

 

【RISU算数】を体験することになったきっかけ

私は、小学生の間は算数のみに気をつけておけば良いと思っています。

それは算数はわからなくなってしまってからでは、取り戻すのが大変な教科だから。

 

我が家では、ちょこが2年生の時に気づいて対策しました。
それでも結構大変でしたし、時間もかかりました。
(そのことは以前の記事にも書きましたので、良かったら読んでみてください)

算数の基礎!『計算カード』が大事な理由
参考算数の基礎!『計算カード』が大事な理由

続きを見る

 

算数の学習内容をしっかりマスターできているかどうか、もっと簡単にできないか考えていた時。
【RISU算数】という教材を知りました。

 

それでも長女ちょこは今まで対策をしてきていますし、もう小6になるので。
メインはぬーぴーで、ちょこにはそれほどメリットはないだろうと思っていたのですが。

ココに注意

【RISU】は小学生までの学習内容となっています。

体験してみると、意外とそんなこともありませんでした。

むしろ、小6のちょこにもメリットがたくさんありました。

 

【RISU算数】をするメリット

 

ココがおすすめ

最初に『実力診断テスト』があるため、今までの学習の抜け漏れをしっかりとチェックしてもらえます。

これがすごく良い点だと思いました。

 

なにしろ、小学校6年間分をチェックするのなんて…考えただけで大変!
とはいえ、抜け漏れがあった場合、中学生になってから取り返す方がもっと大変!!

それを完全にお任せできるのですから…これはやらない手はないと思いませんか?

 

ココがおすすめ

問題の内容は、ちょっと考えさせるような文章題も多く、答えも数字を選択する方式なので。
『適当に答える』ということができないのも良い点だと思います。

 

タブレット学習って目に良くないのでは、と躊躇していましたが、一回の学習時間が少なくて済んでいるので。
思ったほど、目に負担はかかっていないようです。

 

【RISU算数】体験してみた感想

送られてきたもの

【RISU】タブレット他

写真の通り、タブレットはパッキンで梱包されて送られてきました。

 

ココがポイント

タブレットには滑りにくい材質のカバーがついています。

 

赤と青の2本のタッチペンがついていました。
二人とも、その日の気分でどちらにするか決めているそうです。

 

ちょことぬーぴー、二人分申し込みましたので、2セット届きました。
それぞれの名前の入ったシールが貼られています

二人とも【自分専用のタブレット】というのが嬉しいようで、テンション爆上がりでした(^▽^;)

 

【RISU算数】最初はまず学力診断テストから

【RISU】タブレット画面

接続はwi-fiなので、最初に設定が必要です。

それが終わると、最初にまず『実力診断テスト』があります。

写真の画面は、診断テスト後に表示されるもの。

 

ココがポイント

診断テストで正解した部分は『クリアずみ』と表示されました。

 

ちょこはサクサクと終わらせていたので、それほど時間がかからなかったのですが、ぬーぴーが意外にも少し苦戦していて。

しかも、途中で止めることができないので。
集中力が切れて、途中からグダグダでした(;´Д`)

しかも、腕とかが『答え合わせする』に当たってしまうと、もうその問題はやり直しができなかったので。

 

ココに注意

最初だけは時間がかかることを覚悟して、準備万端で臨んだ方が良さそうです。

 

このテスト結果を元に、配信内容が決まります。

『実力診断テスト』で正解した単元は、テストでクリアずみとなっていました。

といっても、もう一度復習することも可能ですし、がんばりポイントも貰えるようです。

 

【RISU算数】は、子どもが自ら取り組みたくなる仕掛けがいっぱい

ただいまー!
タブレットやる~!!

ちょこ

長女ちょこ

二人とも、毎日のようにタブレット学習に自ら取り組んでいました。

それは、そうなるよう様々な工夫がされているから、だと思います。

普段の学習分は、1画面につき2~5問程度と少なく。
3~5分程度で終わらせられる分量だったので、サクサクやれることも良かったようです。

 

分かりやすいよう、画像を拡大してみました

【RISU】ステージ画面

問題はそれぞれ系統別になっています。

それぞれ選ぶことはできますが、今ある問題をクリアしないと次へは進めないようになってます。

ですが、復習は好きにできるようですので。
自分で振り返って学習することができるのは、良い点だなと思いました。

 

ココがおすすめ

自分がどの段階の学習をしているのかが一目でわかるので、
次の段階へステップアップしたい!
というやる気につながっていると感じました。

 

【RISU算数】は、次々に問題を解かせる工夫がされている

各ステージごとの画面です

【RISU】ステージ内容画面

一つクリアするごとに、画面に100点が次々と並んでいくので。
それも、モチベーションUPに役立っているようです。

それに一つの単元につき、かなりの問題数をこなすことになりますので、演習量は充分だと思いました。

 

100点が取れたらがんばりポイントが貰えます

【RISU】がんばりポイント

問題を解くごとに貰えるポイントを貯めると、色々な商品と交換できるようです。
これが結構豪華なんですよね!

iPhoneとかありますよ!!

【RISU】プレゼント画面
でも250,000ポイントって、どれだけ頑張らないといけないのか…(;^_^A

 

【RISU】プレゼント画面

シャーペンもありました。
クルトガの6,500ポイントくらいだったら、ちょっと頑張ればいけそうですね!

【RISU】パズル画面

問題をクリアしてもらえる★を集めると、鍵が貰えます。
そして鍵を集めることで、スペシャル問題を解くことができます。

これが子どもたちに受けが良かったのが意外でした。

アイテムを集めて何かをするというのが、ゲーム性があってやりがいがあるようです。

 

このように、随所に子どもたちを飽きさせないよう、自ら学習に取り組むように工夫されているな、と感じました。

 

【RISU算数】フォロー体制が充実

【RISU】動画メニュー

【RISU】では、子どもが取り組むと進捗状況をメールで送ってもらえます。

 

ココがおすすめ

間違った問題があると、アドバイス動画が送られてきます。

動画のこともメールで教えてもらえますので、子どもに一声かけることができます。

 

間違えた部分を、間違えたままにしない
この姿勢は、とても素晴らしいと思いました。

 

算数検定×RISU算数

ココがおすすめ

【RISU】を受講している会員が、1学年上の級に合格した場合。
受験料を【RISU】が全額助成してくれるそうです。

算数に特化した【RISU】ならではで、子どものモチベーションが上がりそうです。

 

【RISU算数】のデメリット

ここまではメリットばかりでしたので、デメリットについても書いてみたいと思います。

 

タッチペンの感度があまり良くなく、書きにくい?

そういう口コミを見ましたので、子どもたちに聞きましたが、そんな事はなかったとのことでした。

最初はタッチペンに慣れていないため、別に紙を用意してそちらで計算していましたが、2日目以降は慣れたようで、メモスペースに直接書き込んで計算していました。

むしろ、別に紙を用意したりしなくても良く、さくっとメモしてすぐに消せるのが良かったとのこと。

 

他の通信教育に比べて料金が高い?

これは実際に比較してみないとわかりませんので、調べてみました。

チャレンジタッチ 71,010円
スマイルゼミ 84,568円 ※1
Z会タブレットコース 89,760円
RISU算数 29,760円

金額は、12ヶ月を一括で支払った場合のものです(税込)
一番受講費の高い小6で比較しました(加入月によって多少金額が前後します)
Z会はタブレットが別途必要です
※1 専用タブレット代10,978円含む

こうしてみると、一教科だけの金額としては高い、と思われるのもうなずけます。

ですが私は、小学生の間は算数を対策するだけで充分だと思っているので。
全教科は必要ないと思っていますから、むしろ安いと思いました。

 

ココがおすすめ

【RISU算数】は文章題も多く入っていて、国語の力もつくように考えられているそうです。

我が家は今まで通信教育はしていませんでしたが、市販のドリルやワークは購入しています。

やっぱり今まで、それなりに金額はかかっています。

 

それに私は、子どもの学力に合ったワークを探すのはむしろ趣味みたいなものなので、とくに苦ではありませんでしたが。
それでも今まで、選んだ教材が難しすぎたり簡単すぎたり、失敗は数多くあります。

今でも、これでいいのかどうかの迷いもあります。

だから、ちょこが低学年の頃にこの【RISU】という教材の存在を知っていたなら、迷わず入会していただろうと思います。

 

ココがおすすめ

一番大事な積み重ねの教科である算数を、しっかりサポートしてもらえるのは安心。

それと【RISU】は高いと思われている要因は、独自の料金加算システムにあるのでは、とも思っています。

これは、進度に応じて月額基本料金に加算されていくのですが、上限月額8,980円(初月のみ上限6,600円)となっています。

これだけ見ると「高っっ!!」となるのですが。
加算される条件というのが、クリアステージ数が3以上、なんですね。

  • 利用月数より少ないクリアステージ数=0円
  • 利用月数と同じ~1.3倍未満=980円
  • 利用月数の1.3倍以上~1.5倍未満=1,480円
  • 利用月数の1.5倍以上~1.7倍未満=1,980円
  • 利用月数の1.7倍以上~2倍未満=2,980円
  • 利用月数の2倍以上~2.2倍未満=3,980円
  • 利用月数の2.2倍以上~2.5倍未満=5,480円
  • 利用月数の2.5倍以上~3倍未満=6,980円
  • 利用月数の3倍以上のクリアステージ数=8,980円

クリアステージが1以下であれば、加算は0円です。

でもって…子どもたちの様子を見ていても、あの問題数の多さからいくと、1ステージをクリアするのはなかなか大変そうです(;^_^A

とはいえ、利用者の平均速度は1.7~2ステージ/月(月額加算2,980円)とのことなので。

それが毎月加算されていくと換算すると、12ヶ月で65,520円になります。

そうなると、やはり一教科だけでは高い、というイメージになるんでしょうね。

ココがポイント

クリアしたステージについては、どれだけ復習しても追加料金はかからないそうです。

とはいえ一番大事な算数を抜け漏れなくチェックしてくれ、演習量も充分すぎるほど確保できる【RISU算数】

単純な金額だけでは、他と比較できないと思っています。

 

【RISU算数】まずは、一週間お試しで

色々と述べましたが、これは私の主観にしかすぎませんので。

やっぱり、実際に体験されてみた方が良いかな、と思います。
実際に使うのは、お子さんですし。

でも、もしちょっとでも興味を持たれた方は、下記サイトに詳しい情報が載ってます。

 

【無料お試し】もあります。
ぷにまま

\無料お試し申し込みはこちらから/

【RISU】無料お試し申し込み

ココに注意

クーポンコードは「aaa07a」です。

先着50名限定。
クーポンコードがないと、無料お試しにはならないので注意してくださいね。

お試し期間後、入会した場合はいつでも解約OK(解約手数料0円)です。
タブレットも返品しないでそのまま復習に使えます。
入会しないでタブレットを返品する場合は、1,800円(税込 1,980円)がかかります。

書籍も発売されてます。


10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方 [ 今木智隆 ]

 

小学生の間に、一番力を注ぐべきは【算数】

繰り返しになりますが、小学生の算数は超重要です!

他の記事にも書いてますので、良かったら読んでみてください。

算数を頑張るだけで、勉強が得意な子になる
参考【小学生の勉強】算数を頑張るだけで、勉強が得意な子になる

続きを見る

【算数が苦手を克服!】得意教科にする5つの方法
参考【算数が苦手】を克服!得意教科にする5つの方法

続きを見る

 

小学生時代の算数がおろそかだと、中学・高校の数学で本当に困ります。

中学・高校でついていけなくなってから対策しようとしても、手遅れなことが殆ど。

小学生の間なら、まだ間に合う…そう思って、今まで色々と対策を取ってきました。

正直、どうするのがベストな方法なのか、未だに試行錯誤の毎日です。

それでもこれからも、自分が「これはおすすめだな」って思ったことを紹介していきたいと思います。

 

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

参考になるブログがいっぱい


人気ブログランキング

-小学生の勉強
-, ,