塾なし通信教育なし 英語の授業についていく勉強法

中学入学準備

塾なし通信教育なし 英語の授業についていく勉強法

2020年11月17日

スポンサーリンク

小学校で新しい学習指導要領が全面実施されましたが、お子さんは問題なく授業についていってますか?

中でも、高学年から教科化された英語については、移行措置中から、既に子どもたちの中で格差があったようです。

長女ちょこも、最初は授業についていくことができていないようでした。

ですが、6年生になった今では、特に問題なく、テストでも毎回100点です。

 

今日は、我が家が塾に通わず通信教育もなしで、どのようにして英語の対策をしていたかについて書いてみたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 我が子が既に英語の授業で苦手感が出ている。
  • 英語が苦手になる前に、何とか対策したい。

英語の授業で、先生の言ってることが聞き取れない

英語の先生の言ってることが
上手く聞き取れない!
何言ってるのか、わかんないよ。

長女ちょこ

長女ちょこ

そう、ちょこが言い出したのは、移行措置中で英語の授業時間の増えた4年生の頃でした。

3年生の時はまだ、英語に親しもうというスタンスで、身の回りの品を英語で発音してみるみたいな授業だったので。

楽しんで参加していた筈のちょこ。

でも4年生になって決まった英文を話すようになってからは、聞き取れなくなってしまったようでした。

クラスメイトでも、英語を習っている子は問題なく聞き取れているのですが。

半数くらいは、ちょこと同じ感じだったそう。

 

まずは、英語を聞きなれることから始めました

英語を勉強しよう

小さい頃から、英語を聞き慣れておこうと思って、【こどもちゃれんじ】についてた英語DVDだったり、Eテレの英語番組を視聴していました。

ただ、内容は『えいごであそぼ!』などの幼児向けのものばかりでした。

 

そこで、まずは小学生向けのEテレの英語番組を録画して、毎週見ることにしました。

 

録っていたのはこちら


  • 基礎英語0 ~世界エイゴミッション~
  • エイゴビート
  • ボキャブライダー on TV
  • リトル・チャロ

今は、特に食いつきのいい上2つを重点的に録画してます。

 

ココに注意

気をつけていたのは、私も一緒に観ながら、出てきた単語や英文を口に出すこと。

英語は言語ですから口に出す必要がありますので。

「観ておきなさいね~」と言うだけではなく、私が一緒に観て見本として声に出すことで、子どもたちに真似してほしいという狙いがありました。

 

英語は単語が大事

単語が重要だと感じた香港旅行

定期的に英語番組を視聴することに慣れてきてはいたのですが、週1回の放映だけだと、やっぱり圧倒的に経験値が足りません。

 

思い出したのは、高校の時の英文法を担当していた先生の言葉でした。

 

英語の先生
英語はなー、文法じゃない!単語だ!
この辞書を毎日1ページ、必ず覚えろよ。
3年間それを続けたら、英語はできるようになる

そう、ぶ厚~い辞書を片手に言っていたのが、あまりにも印象的で覚えてました。

 

それに、文法の先生なのに「英語は文法じゃない! 単語だ!」と言い切っていたのが何とも(;^_^A

 

それと、友達と香港を旅行した時に、目的地の場所がわからなくて地図を見ていたら

May I help you?

香港の婦人警官

と話しかけてきてくれた婦人警官らしき服装の人がいたんです。

でも、こちらがあまり英語が得意ではないと気づいたのか。
地図を指差しながら、身振り手振りでカタコトで話す私たちに対して、ある方向を指差しながら

bridge! right!

香港の婦人警官

と連呼してくれました。

あの遠くに見える橋のところで
右に行くんじゃない?
ぷにまま

と思った私たち。

その通りに進んだら、ちゃんと目的の場所に辿り着くことができました。

 

前述の英文法の先生とは違うのですが、海外旅行をよくされてた別の英語担当の先生も

「海外旅行する時に必要なのは、単語! 単語さえわかっていれば、何とかなる」

と、言っていまして。
この旅行の時に、それを実感しました。

 

ココがポイント

英文法がちょっとくらいあやふやでも大丈夫!
単語がいくつかでも理解できていれば、コミュニケーションはちゃんと取れます。

 

受験英語を始めとした学校の英語の授業では、文法を疎かにすることはできないのですが。

小学生の間は、まずは単語をたくさん覚えるだけでも、対応可能だと思いました。

 

単語をたくさん覚えるために、我が家が実践したこと

英語は単語が大事、ということはわかりましたが。

では、単語を覚えるために何をするのか?と考えた時に、まず浮かぶのは

  • 単語帳を見ながら唱えて覚える
  • ノートに繰り返し単語と意味を書く

…が、代表的なところでしょうか。

 

この方法は、中学生以降では必要だと思うのですが、まだ小学生の二人には早いと思いました。

 

それに、達成目標があった方が、モチベーションが続くと思いましたので。

次に考えたのは、英検はどうかな?でした。

 

級がある方が、自分がどのレベルにあるのかわかりやすいと思いましたし、中学生以降、英検は取る必要があるだろうな、とも思いましたので。

ただ、英検の最低級である5級だと、文法が多少でもわかってないと高スコアは取れませんので。
まだその段階に達していない二人では、取り組ませるのは難しい……。

 

ということで、まずは英検Jr.からお試しで始めてみることに。

我が家が使った教材はこちらです

楽しくはじめる英検Jr.

まずは、ブロンズから。

 

学校の授業でもあったようですが、”身近なものが英語ではどういう単語になるのか?”から始まって、簡単な挨拶まで。

学校で習う以上の単語数があるので、ボリュームは充分でした。

ココに注意

ただしこれは移行措置中の時期での感想であり、小学校で覚える英単語数が増えた今は違うかもしれません

 

我が家ではこれを使って、まずは本を見つつCDで聞き取り。

ゆっくりと発音してくれるのですが、それでも聞き取れない時は、私が正面から口の動きを見せつつ、さらにゆっくりと発音しました。

それから、同じようにして、子どもたちが発音。

これを、繰り返しました。

 

合間に簡単な小テストっぽいものがあるので、それらを全てクリアしてから、次のステップに進みました。

 

シルバーは、単語も出てきますが、メインは英文の聞き取り

ゴールドになってくると、長文の英文聞き取りが入ってきます。

 

何となくですが

【ブロンズ】…小学校低学年

 

【シルバー】…小学校中学年

 

【ゴールド】…小学校高学年

が、対象なのかなと思いました。

いずれも絵が多めなので、対象年齢以下でも充分にイケそうです。

 

授業の復習のために【教科書ワーク】を

それと、算数のように教科書で復習したいとも思ったのですが、子どもたちの学校では、英語の教科書は学期終わりまで持って帰らないんです(;´Д`)

なので、家での復習用に教科書ワークも併用しました。

 

学校で採用している教科書によって変わってくるので注意
(三省堂、東京書籍など)

ちょこは先取りを嫌がるので、復習メインでしか使っていません。

 

お子さんのタイプによっては、これで予習をしておくと、余裕が出来て授業に専念できるかもしれませんね。

 

我が家では、以上のような対策を取ってきました。

 

今のところはもう、授業で先生の言ってることが聞き取れなかったりしませんし、英語スピーチも問題なくこなせているようです。

4技能(Speaking/Reading/Listening/Writing)のテストも、100点を貰ってます。

 

とはいえ、中学校に向けて英単語のスペルを覚える必要がありますので。

入学前までには、その辺りを強化しようと考えてます。

 

【英語学習】中学校入学までにできること

前述の【教科書ワーク】には、特別付録として『実力アップ 英語練習ノート』という単語練習帳がついていますので、入学までにそれで練習する予定にしています。

実力アップ 英語練習ノート【教科書ワーク】

 

それと、入学前にさらっとでも文法を学んでおいた方がいいよね、とも思いました。

ぷにまま
文法がわかってる方が
入学後に余裕ができるかな

 

それで、色々と本を探していて…見つけました!

 

【中学英語のさきどりが7日間でできる本】

 

小学校総復習と中学数学のさきどりもあるんですね!

英語版はスタサプ の”神”英語講師と呼ばれているらしい関正生先生が監修。

私が買ったのはこちら↓(楽天ブックス

CD付 中学英語のさきどりが7日間でできる本 [ 関 正生 ]

 

ココがおすすめ

この本では、英語の基礎となる部分をわかりやすく説明してくれています。

他と違うのは、コラムやポイントなどで「なぜそうなったのか?」となる本質的な部分にまで踏み込んで説明してくれているところ。

中学生が最初につまずきやすいBe動詞の使い分け3単現のsについても、とても分かりやすく覚えやすく解説してくれてます。

私が中学生だった時に、この本があれば
英語が得意科目になったかも!
ぷにまま

そう思わせるような内容でした。

なので私も初心に戻って勉強してみました

英語の勉強
学生時代に戻ったようで、新鮮な気持ちになれました
ぷにまま

 

子どもが中学生になっても、わからないところは教えられるように頑張らなくては!

これからも、子どもと一緒に成長し続けられる母でいたいです。

 

英語を勉強するために、一番大事なこと

我が家の英語の対策は、今のところは以上です。

中学校に入学してから、効果があった勉強法があれば、またここで紹介したいと思います。

ココがポイント

一番大事なのは、お母さんと一緒に勉強することなのではないかと思ってます。
子どものモチベーションが違う気がします。

 

赤ちゃんって、身近な人…特にお母さんが話しかける声を聞きながら、言葉を覚えていきますよね。

英語も言語である以上、同じではないかと思うんです。
お母さんの声って、子どもにとって特別なのでは、と。

 

だからなるべく、英語の勉強の時は傍について、一緒に発音したりしています。

それはこれからも、できるだけ長く続けていきたいと思っています。

 

「私は仕事をしているから、そんなに子どもに付き合う時間は作れないわ…」
というお母さんもいらっしゃるかもしれません。

でも、例えば紹介した英検Jr.の本は、1ページにつき5~10分もあればできます。
私はCDをスマホに取り込んで、いつでもどこでも再生できるようにしていました。

ほんのちょっとの時間でもいいので、子どもに付き合ってあげることで
子どもの学力が上がってくれるのなら、それはとても嬉しいことではないでしょうか(*´∨`*)


お母さんが色々と考えて頑張っていることは、きっと子どもは見てくれていると思います。

我が子の明日のために、一緒に頑張りましょう♪

参考になるブログがいっぱい

人気ブログランキング
サクラ咲く道 : 塾なし通信教育なしで学力アップ!~地元公立トップ高合格を目指して~ - にほんブログ村
\ぷにままの楽天ROOMを見る/
ぷにままの楽天ROOM

-中学入学準備
-, ,

© 2021 サクラ咲く道